板金塗装&ガラスコーティングで車修理・整備。

Car inspection

車修理

syuuri

自動車にさまざまな故障が起きると、車修理を行う必要性が出てくる。
車修理に出す場所としては、修理を専門に手がけている修理工場か、自動車を購入したディーラーのところへ持っていくという場合がほとんどである。

車修理という作業の種類・分野は、自動車を構成する部品の数と比例する――つまり厳密に語れば、部品の数だけ修理の種類は存在することになるが、特に車の内部にある部品の修理に関しては、「修理するよりも付け替えや入れ替えをしたほうがコストが安く済む」という事情がある。
そのため、単に「車修理」という話をする際には、板金塗装やデントリペアのような、車の外部の修理――車体に出来た傷や凹みの修理を指す場合が多い。

修理と車検

自動車の修理と車検というものには、密接な関わりがある。
自動車というものは定期的に「車検」と呼ばれる検査を受け、道路運送車両法に基づく公道の走行が可能であるか否か、常に明らかにしておかなければならない、とされている。
「走行が可能であるか否か」を示す基準は保安基準と呼ばれており、この基準に達しているとされれば車検を通る。しかしこのことは、次の車検期限までの自動車の安全を保証するものではない。

車検は乗用車の場合には2年に一度の間隔で行われるべきものとされている。
車検には大まかに分けて三つの、受け方の種類がある。自動車ユーザー自らが、車検を取り仕切っている陸運局へ自動車を運び、必要書類の提出や検査などを行うユーザー車検
民間の整備工場に持ち込み、工場による車の点検整備を付けて行われる整備工場車検
そして三つ目の方法は、自動車ディーラーに持ち込んで、メーカー車の詳しい点検整備も付けて行われるディーラー車検である。
現在ではこのディーラー車検を受ける人の割合が高く、自動車整備の振興会が2005年に行なった調査では、整備工場に持ち込んだ人が30%、ユーザー車検を選んだ人が16%、そしてディーラー車検を選んだ人は全体の半数、50%にのぼることが分かっている。
大きな理由としては、自動車メーカーの専門的な点検整備を受けることが出来るという、その信頼性の高さが調査結果には挙げられている。

ディーラー車検や整備工場での車検では、検査前に行われる点検において引っかかった部分に関して、修理が行われたり、交換が行われたりし、保安基準をクリアする、という流れがある。

車修理と交換

koukan

「車修理」と言うとき、傷ついた部分を修繕して元に戻す修理と、劣化した部品を交換するという二通りの方法がある。
前述したように車の内部に詰まっている部品――特にエンジンやその周辺の部分に関しては、修繕よりも交換のほうが、より確実に自動車の機能を取り戻すという点でも手っ取り早く完了することが出来るが、オーバーホール(一旦分解して再び組み立てること)によって修理が完了する場合もある。

一方、自動車の外部の構造については、車体の板金を板金塗装などの技術を使って修繕するなどの処置が施される。

ニュース

2014/01/28
車検
2014/02/13
エンジンオイル
2013/10/15
板金塗装
2013/10/15
ガラスコーティング
2014/01/14
洗車